新築一戸建てには独立性などマンションには無い魅力がある | 不動産売却の無料査定の方法と土地やマンションの相場



土地、一戸建て、マンションなどの不動産の売却査定と相場。今すぐ分かる、売る売りたい人のための無料査定の方法を紹介しています。



新築一戸建てには独立性などマンションには無い魅力がある

新築一戸建てには独立性などマンションには無い魅力があると思います。

新しい家に住むことは中古等では得られない喜びもあります。

 

新築の一戸建ての購入は大きく
・注文住宅(メーカーハウス含む)
・戸建分譲
の二つに分けられると思います。

 

注文住宅は間取り、設備、外観などへのこだわりを思うように実現することができます。
これはやはり注文住宅ならではの醍醐味とも言えるでしょう。

 

建築条件付きの宅地分譲の購入ですと、建物施工業者は限られてしまいますが、
そうでない場合には施工業者選びも家造りの楽しみであると同時に、
大変重要な決定事項ともいえます。

 

木造なのか、鉄骨なのか、
在来工法にするか、プレハブメーカーにするか、
安い買い物ではないですから、自分がどのような家を建てたいのかを明確にし
慎重に検討を重ねたいところです。

 

しかし、キッチンや風呂などの水周りの設備は高額なものも多く、
これらへのこだわりは建築資金に影響が出易いのも事実ですから、
こだわりの優先順位を設けることも必要です。

また、気をつけたいこととして、間取り等へのこだわりは、
住みやすさ、使い勝手の良さと必ずしもマッチしないことがあります。

間取りの作成について知識のある方であれば別ですが、
自分自身の思い入れだけで間取りを作ってしまうと、
完成したときに思わぬ不具合に泣かされることも無いとは言えません。

 

 

もし、間取りを自分自身で作り上げたいのでしたら、
まずプランニング集などで色々な間取りを見てイメージを膨らめ、
設計士等のプロフェッショナルの意見も確認しつつ、
自身のこだわりを実現していくことが失敗の少ない方法だと思います。

 

 

また、戸建住宅の資金計画においても気をつけたいことがあります。
それは地盤調査と外構工事費です。

 

建物を建てたいと思う土地の地盤が軟弱だった場合の対策工事費や
門扉などの外構工事費などで何百万円とかかってくる場合があります。
しっかりこの辺りのことも考慮に入れてローンも含めた資金計画が必要となります。

 

 

この点において戸建分譲は既に出来上がっている住宅を購入することとなり、
完成品を受け入れるという選択しか無いということになりますが、
間取りや設備などは購入前にチェックすることができ、
失敗が少なくなるというメリットはあります。

 

 

また、戸建分譲の間取りは無駄の無い洗練されたものが多く、
土地面積に対する建物面積のバランスなども上手くプランニングされたものが多いです。

 

しかし、完成品であるが故に施工過程を確認することが出来ないので、
工法や基礎、使用資材など目に見えないところがどのように施工されたのか、
納得いくまで販売業者に確認することが必要だと思います。

 

 

ここまで注文住宅と戸建分譲のそれぞれの特徴について触れてきましたが、
注文住宅にしろ、戸建分譲にしろまず大事なことは、
その土地がどこに所在しているかではないでしょうか。

 

 

住宅であるわけですから、生活の基盤として、そこに居住することとなります。
日常生活に無理の出ないエリア及び周辺環境を有する地域に所在することが必要です。

 

例えば最寄り駅は通勤可能な沿線、駅なのかどうか。
バスの利用を必要とするのか。
小学校等の公共施設、スーパー等の利便施設は遠すぎないか。

 

上記のようなことはしっかりと確認しておきましょう。

そして当然ですが、対象となる土地、建物そのものについても、
隣地境界にトラブルは無いか、土地や建物の面積は実測と登記簿に齟齬が無いか、
雨漏りなどの物件トラブルはないかども確認することが大事です。

 

大きな金額の買い物です、事前確認は面倒がらずにしっかりと行い、
あとで後悔することの無いようにしたいものですね。

関連サイト一覧


>一戸建てからマンション、工場倉庫、店舗まで簡単査定


>任意売却相談センター


>業界最大級の外壁塗装専門サイト