自宅を購入で迷うマンションと一戸建のメリットとデメリット | 不動産売却の無料査定の方法と土地やマンションの相場



土地、一戸建て、マンションなどの不動産の売却査定と相場。今すぐ分かる、売る売りたい人のための無料査定の方法を紹介しています。



自宅を購入で迷うマンションと一戸建のメリットとデメリット

マンション 一戸建て

自宅を購入しようと思ったとき、まず、マンションにするか一戸建てにするかを
検討することが多いかと思います。

 

マンションと一戸建てではそれぞれどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。
まずはそれぞれのメリットとデメリットについて考えてみましょう。

 

マンションのメリット

まずはマンションのメリットについてですが、主に下記のものが挙げられます。
・一戸建てと比較して割安感のある物件が多い。

 これは単純な価格の話だけでもなく、容積率が大きいところに建てられることが多いことから、
 戸建て住宅では考えられない駅前の商業地域のような交通利便性、生活利便性の高いところにも
 住むことができるという意味も含みます。

 また、利便性の高さゆえ、賃貸に出した場合にも比較的借り手が付き易い場合が多いと思います。

・防犯性、生活利便性に優れる。
 最近のマンションはオートロック、監視カメラなど防犯性が高い物件が多くなっています。
 また、マンションの規模にもよりますが、宅配ボックス、コンシェルジュサービスなど、
 生活利便性の高い物件もあります。
・修繕計画によって計画的にマンションの維持管理が図られる。
 戸建て住宅では修繕等の手配は自分自身で行わなければなりませんが、
 マンションであれば組合等により計画的に維持管理が行われます。

 

デメリット

次にデメリットですが、
・騒音等に気を使う
 隣接する専有部分をはじめ周囲の居住者との距離が近いことから、
 一戸建て以上に生活音等に対して気を使う必要があります。
 リフォーム、キッチン等の設備更新を行う場合の工事の音等についても同様です。

・組合への参加義務
 マンションでは所有者による組合が存在します。

・一戸建てにはない経費の発生
 修繕積立金や管理費のほか、駐車場代が発生する物件もあります。
などが挙げられます。

続いて一戸建てのメリットを考えてみましょう。

・資産価値として安定している。
 マンションも一定の資産価値が認められるますが、長い視点で見た場合には、
 建替え等に制約の無い一戸建て住宅に不動産資産としての価値の安定性が認められるます。

・自由な間取り、増築などが可能
 一戸建ては、マンションと異なり、自由度が高くなります。
 建売や中古などを除き、注文住宅による新築一戸建てであれば望んだ間取りで建てることが可能です。

・独立性が高い。
 マンションのように隣接住戸へ気を使う必要がありません。
 隣接する住戸との距離があればあるほどプライバシーが高まります。

 

最後に一戸建てのデメリットです。
・修繕に要する費用が高額となる。
 瓦の葺き替え、外壁の塗装のし直しなど、大きな修繕を行う場合、
 比較的高額となるため、自分自身で資金管理を行う必要がある。

・マンションと立地条件を揃えると割高となるケースが多い。
 一戸建てはマンションと異なり同一部材を多様するということもないことから、
 規模の経済が働かないため割高となります。
 なお、戸建分譲では規模の経済が働くことがあります。
などが挙げられます。

このようなメリット、デメリットが挙げられますが、
マンション、一戸建てのどちらが優れていて、劣っているということはありません。

それぞれに一長一短があるということです。

 

むしろ大事なのは自分のライフスタイルに合ったものであるかどうか、
購入を決める条件に合致したものであるかどうかが重要です。

 

戸建て住宅であっても、小さくても良いので出来る限り生活利便性の高いところに住みたいという方もいれば、
駅までバスを利用しても構わないので出来る限り広い土地と家が欲しいという方もいると思います。

 

マンションも同様な選択があるかと思います。

 

ローンを利用される場合には、返済計画もしっかり立てた上で、
自分の生活スタイルにあった納得のいく家探しができればいいですね。

関連サイト一覧


>一戸建てからマンション、工場倉庫、店舗まで簡単査定


>任意売却相談センター


>業界最大級の外壁塗装専門サイト