不動産売却の無料査定の方法と土地やマンションの相場



土地、一戸建て、マンションなどの不動産の売却査定と相場。今すぐ分かる、売る売りたい人のための無料査定の方法を紹介しています。



自己の不動産を売却しようと考えた時、

まずは一体いくらで売れるのかが気になるのではないかと思います。

 

地価公示価格等から最寄りの公示地等の価格水準や、
相続税路線価などから前面道路の路線価を確認すると、
概ねの土地価格の水準は把握できるのではないかと思います。

 

しかし、不動産の価格には一定の相場はあるものの、
その対象となるものがマンションなのか、戸建住宅なのか、
土地なのか借地権なのかによってもそもそも市場が異なります。

 

また、対象不動産がどこのエリアにあるのか、
駅からの距離はどれくらいか、土地の形状などによっても
価格に大きな影響を与えます。

 

さらに自己使用している不動産か、他人に賃貸しているのかによって、
当該不動産を需要する人が異なってきます。

 

不動産には、工業製品のように定価といったものはなく、
売主、買主の事情も含めた相対取引の中で価格が決定されます。

 

このように複雑な要素が絡みあって価格が決まってくるものですから、
実際には地価公示や路線価の価格水準だけでは良く分からないことも多々あります。

 

一般的な戸建住宅であれば、周辺の土地の取引水準などは、
価格水準を知る上で重要な情報となりますが、
マンション分譲等の事業用不動産を需要する人、
収益獲得を目的とする投資用不動産を需要する人などは、
そもそも周辺の取引価格を気にしないからです。

 

より詳細に売却価格がどれくらいになりそうなのかを知りたいと思ったら、
思い切って不動産会社に相談してみることをお勧めします。

 

不動産の価格は特に決まっているものではなく、
需要者の立場によっても価格にはブレがあります。

したがって複数の会社から査定を受けることで、
様々な角度から売却物件の査定価格の検証を行うことが可能となります。

1社だけに絞って話を進めてしまうことで、売買契約締結後にもっと高値で売れたのではと思っても
どうしようもありません。

 

色々と忙しいなかでの調査となってしまい、思うように時間が取れないかもしれませんが、
売却見込み額、業者選びについては慎重に検討することが重要です。

 

今ですとインターネットでも複数の会社から査定金額の提示を受けることが可能ですので、
このようなシステムを利用するのもお勧めです。

 

また、具体的に不動産会社に相談することにより、
売却だけでない利活用の提案を受けることもあるかもしれません。

不動産会社へ相談することのメリットは上記のような査定金額の件だけに留まりません
不動産の売却に関しては諸費用というものが発生します。

 

例を挙げると
仲介手数料を始めとし、売買の契約書に貼る収入印紙の代金、
譲渡所得に対する税金などです。

 

仲介手数料は、売買の仲介業者に支払う手数料であり、
これは法律で定められた率で支払われる金額ですから、売買価格から見込みがたちます。
収入印紙の代金も契約書に記載する売買金額によって代金が決まります。

 

譲渡所得については、長期譲渡所得と短期譲渡所得とがあり、
所有期間が5年を超えるか超えないかで税金が大きく変わってきます。

 

このことを知っているか知らないかは大きな違いで、
売買金額が多少上がっても、それを上回る費用の発生ということになりかねません。

また、この他にも抵当権などが設定されている場合にはその抹消費用、
自宅の売却などでは引越し費用などが掛かることもあります。

 

上記のように不動産の売却については、売買金額だけでなく、
売却に要する費用、売却によって発生する税金についても考えておく必要があります。

 

売買金額だけでなく、その要する諸費用についても個別性が大変強いものなので、
この点においても不動産会社へ相談することで疑問点、問題点などを解消することが可能となります。

 

不動産の売却は金額が大変高額になり易く、
小さなことでも金額に大きな影響を与えることがあります。

 

不動産を多く扱っている方であれば別ですが、
一般の方は不動産の売買を行うのは1回あっても2回程度のことと思います。
不慣れであることは当然なので、不動産業者を上手く使って失敗の無い売買ができると良いですね。

関連サイト一覧


>一戸建てからマンション、工場倉庫、店舗まで簡単査定


>任意売却相談センター


>業界最大級の外壁塗装専門サイト